カテゴリー

こんにちは。
スタッフmeguです。
梅雨が明け、セミの大合唱がはじまりました。
昨日はきゅうりの葉っぱに
小さな緑色のアマガエルを見つけ
危うく叫びそうになり、その叫びをぐっと飲み込みました。
(怖いのです。冷や汗です。平気になりたいのです。)

今日はその汗ではなく
体温調節の汗の話です。
よかったらお付き合いください。

「クーラー無しで涼しく過ごす会、全日本会長」

私は約20年間、そして今も
息子のサッカー応援で日曜日のたびに
大雨の日も風の日も
炎天下でも数時間は外で過ごしています。(親ばか万歳\(^o^)/)

(↑先週の岡山某グランド。気温36度。後半私が熱中症気味に。)

そしてそもそも
子どもが汗をかけない体質だったので汗腺を育てる為
家でもほとんどクーラーをつけずに過ごしてきました。
子どもの適応能力は高いですが
しんどかったのは大人でした。
(かなり極端ですので、良い子はマネしないでね。)
そんな生活を送っているので
クーラ無しでいかに涼しく過ごせるか、は
そのころからのライフワークのひとつで
勝手に「クーラー無しで涼しく過ごす会、全日本会長」と思っています。

汗をかくと疲れる?上手な汗のかき方

みなさんご存じの事ですが、
汗は上がり過ぎた体温を調節しようとして
出てきてくれます。

汗が出なかったら、体温が上がっても
体温調節ができなくて
大変です。
私は汗っかきで嫌になってしまうほどですが
もし汗をかけなかったら
今ほど夏を元気に過ごせないかもしれません。

夏は
汗をかくのは当たり前。
悪いことではない、むしろありがたいこと。です。

ただ、
汗をかくと、
私は疲れた感覚になることがあります。
それは自分がどんな服装をしているかにも
深く関係しているのを実感しています。

私が汗をかいて疲れた感覚になる時は
汗が蒸発しにくい環境の時です。

汗は肌の上で空気に触れて
蒸発することで
表面温度を下げてくれます。
それがスムーズにいかないと
返って汗で冷えすぎてしまったり、
べたべたして気持ち悪いです。

何も身につけていない状態が
ベストなのかもしれません。
でもそうはいきませんね。

汗はかいて当たり前で身体にとってもありがたいこと。
だったら、汗を気持ち良くかける環境にすればいいだけ。
ですね。

空調はもちろんですが
衣服が、その中でも肌着の形と素材が大きく関係してきます。

先日のアベのブログでもお伝えしましたが
私がどうして汗かきさんにマアルのタンクトップや
スリップがおススメなのか
語らせてくださいね。
(しつこくてごめんなさい(^_-)-☆)

汗対策で大切なのは空気の流れ。

年中、マアルのパッドポケット付きのタンクトップは大好きなのですが
細かくいうと、私が人前に出る時の肌着事情は3パターンです。

マアルパッドポケット付きタンクトップ


①汗をかかない時期は
ブラジャータンクトップ

②汗をかく季節には
アンダー部分にゴムのあるタンクトップ

③そして今!
めちゃくちゃ汗をかく季節には
マアルのパッドポケット付きのタンクトップ

場合によりマアルのパッドポケット付きのスリップです。



ポイントは身体の表面を風が通るようにすること。
ベルトやゴムの締め付けをいかに減らすことができるかに
かかっています。
ベルトやゴムがあるとそこで
身体の周りの空気の流れが滞ってしまい
汗が蒸発しずらく
「汗が溜まる」状態になります。
汗で濡れた肌着もなかなか乾かず、気持ち悪いですね。

Ⅼet’ゴムカウント

例えばゴムの数を数えてみると
①汗をかかない時期は
ブラジャーにタンクトップ。は主に冬ですね。

ブラジャーで1ゴム
満月パンツで2ゴム
レギンスで3ゴム
レッグウォーマーと重ね履き靴下三枚で(片足分として)7ゴム
アウターパンツやスカートで8ゴム
アームウオーマーで(片手分として)9ゴム
10近いゴムの数ですが寒い時期なので
むしろ暖かくて大歓迎。
でももし夏にこれをすると大変。
熱中症ものですね。

②汗をかく季節には
アンダー部分にゴムのあるタンクトップ。は春から初夏、そして秋です。
タンクトップのアンダー部分のゴム、
満月パンツのゴム
レギンスのゴム
アウターパンツやスカートのゴム
でざっと4ゴム

③そして今!
めちゃくちゃ汗をかく季節には
マアルのパッドポケット付きのタンクトップ。
場合によりマアルのパッドポケット付きのスリップです。

理想はゼロゴム!
パンツ無しで、綿かリネンのすとーんとしたワンピース1枚。
最高♡
でもなかなかそうはいきませんよね。
(お風呂上りなどしばらくはこの状態のことも多いです、いや、いつもです(* ´艸`))

満月パンツを履いたら
もう1ゴムです。
ここまでにしたいんです。
それが叶うのが
マアルのパッドポケット付きのタンクトップ
パッドポケット付きのスリップです。
素晴らしいですね。パチパチパチ👏


みなさんも良かったら
ゴムカウントされてみてくださいね。

ひとゴム減るごとに
クーラーをつけるかどうか、
または、クーラーの設定温度が変わってきていると思います。

夏を快適に過ごすために

そしてもうひとつ。
汗かきさんが夏を快適に過ごすポイント。
それは今、肌着を新しくすることです。
(決してマアルの回し者ではありません~。)

ブラウスをどんなにきれいに洗っていても
次のシーズンに取り出してみると
残念なシミが付いていることがあるように

どんなにきれいに洗っても
汗の蓄積はあるようで、
何年かものの肌着は
乾いている時には平気でも
汗をかくと胸元からもわーん、むわ~んと上がってくる
自分の臭いにドキッとしたことはないですか?
自分の汗が臭うというより、
汗が蓄積した肌着が汗で濡れることによりおきる臭い。ですね。


なので汗っかきの私が夏を快適に過ごすために
今、肌着を新しくすることは
とっても大切な事なのです。

長いお話にお付き合いくださり
ありがとうございます。
蒸し暑い日本の夏、どうぞ、健やかにお過ごしください。