心地いいから繋がっていく


肌が教えてくれた、
生地のこと、綿のこと、環境のこと、生産者のこと

オーガニックコットンが肌に優しいと言われる理由


マアルの肌着は、素材選びも大切にしています。
オリジナル商品は、生地だけでなく、縫製に使っているすべての糸もオーガニックコットン100%です。
(麻入り生地の紺無地:オーガニックコットン85%、麻15% を除く)
 
ただ、厳しく定められた基準で栽培されたオーガニックコットンであっても、染色のために油分を抜いたり(脱脂)、油分が抜けてパサパサになった生地に柔軟加工をするなど、生産の工程には様々な化学物資が使われることがあり、肌が弱い方にとっては、農薬の残留量よりも、むしろこの工程で使用される薬品の残留量が気になるところです。

マアルオリジナルのタンクトップ、新月ショーツ、満月パンツ、子パンツ、タンクトップ、リラックスウエア、布ナプキン等の生成り、茶は染色無しの、綿の色そのままの生地。

これらに使用しているオーガニックコットンは、手摘みで綿を収穫した後、脱脂の工程はありますが、一般的なもののように強力に脱脂する必要がないので(染色しないから)、植物油石けんとぬるま湯で優しく行い、油分を適度に残してあります。

そして、自然からの贈りものの「蜜蝋」をつけて生地を編み上げ、ドイツ認証のオーガニック石鹸で蜜蝋を洗い落とします。
このようにできる限り優しい方法で生産された生地や糸は、油分と吸水性がバランスよく存在し、肌への刺激が少ないので、乾燥肌でお困りの方や肌が弱い方にもおススメです。

また、繊維がある程度の湿度を保つことにより、静電気が発生しにくいといったメリットもあります。

アトピー性皮膚炎の症状で悩む中で安心して身に着けられる肌着を探し求め、オーガニックであることよりも、糸や生地に加工する工程が大事なのだと、自らの肌を通じて感じたことが、マアルの素材選びに生かされています。



フェアトレードのオーガニックコットンを選ぶ理由


通常の綿は、栽培から収穫の間に大量の農薬(殺虫剤、落葉剤、防腐剤など)が使われ、さらに製品にする工程では漂白剤、染料、柔軟仕上げ剤など多数の薬剤が使われています。

生産者の多くは、これらの薬剤によって体調を崩してしまい、その上正当な賃金が支払われていないという過酷な労働を強いられています。
その中には、まだ幼い子供の姿も。

マアルは世界的にも厳しい基準をクリアしたフェアトレードプロジェクトの一つ「bio Re Project」認証の生地を使用しています。
このプロジェクトは、単にオーガニックコットンを買い取るだけではなく、生産地で暮らす人々が自立していくための様々な仕組みを構築しています。
フェアトレードのオーガニックコットンを選ぶということは、生産者の自立を支援すること。
井戸を掘ったり、子供が学校へ行かれる環境を作っていくということ。
地球にばらまかれる薬剤の量を減らすということ。
空気を、海に流れ込む水を守ること。

心地いい生地、心地いい肌着を選ぶことは、地球の反対側に暮らす人々とマアルく繋がっていると思うのです。


マアルは特定非営利法人 NOC 日本オーガニックコットン流通機構の賛助会員です

フェアトレードオーガニックコットン「生成り」「茶」を使用した肌着
フェアトレードオーガニックコットンに草木染を施した肌着

 

 
上部へ戻る