下着かぶれ、かゆみでお悩みの方に

肌着は、肌に直接触れるものだけに、肌が繊細な方々から様々なご相談や、肌着をマアルのものに変えて改善した等の喜びのお声が多く届きます。
下着にかぶれる主な要因としてあげられるものとして以下があげられます。

こすれによる接触性皮膚炎

一般的な下着は、フィット性を求めるがあまり、ソケイ部、ウエスト、女性の場合はブラジャーの肩紐、アンダーバストのワイヤー等と肌がこすれて、刺激を感じ、くりかえし擦れることでかぶれてしまう、という現象がみられます。

素材によるかぶれ

肌が弱い人、敏感になっている人は、ポリエステル等の化学繊維は避けたほうがいいと言われています。
その理由は様々、色々あり、化学繊維の種類による違いもあるため、「一般的な化学繊維は」という表現しか出来ませんが、
ポリエステルは
肌との摩擦係数が高い→接触性皮膚炎が起こりやすい状態になる。
水分の吸水率が低い→汗をかくと蒸れる→雑菌が繁殖しやすくなる。
水分の吸水率が低い→蒸れる→肌がふやけて敏感な状態になる。

ポリエステルは、とにかく強く、伸縮性に長け、尚かつ安価なので肌着のみならず衣類全般に多用されていますが、中に空洞が無いため水分を吸収せず、乾燥しています。
ゆえに、空気の乾燥した冬などにお肌が乾燥した方がポリエステル製の肌着を身につけると、摩擦が起こり、より一層の刺激を感じることになります。
その点コットン等の天然繊維は、繊維の断面に空洞や細かい隙間があり、そこに水分が入り込むので吸湿性に長け、元々の湿度を保持しています。

では、コットンならいいのか?
コットンでも生地にするまでの様々な工程で、肌に優しいものと、そうでないものにわかれていきます。
マアルが看板商品として選んでいる、オーガニックコットンの「生成り」「茶」は、一般的な強アルカリ剤を使って脱脂をせず、植物性の石けんとぬるま湯で洗っただけなので、ほどよく油分を残したままです。
乾燥肌の人には、適度に油分を含んでいるほうが肌が保湿され、優しく感じます。
また、製造工程で使うワックスが蜜蝋であること、変色防止の為のホルマリンを塗布しないことで肌の弱い人にも安心です。


●マアル看板商品<オーガニックコットン「生成り」「茶」を使用した肌着>

関連記事
「ゴムにかぶれない下着」2012.4.4
「下着かぶれに満月肌着」2012.7.4
「下着にかぶれた時の工夫」2013.6.20
「下着のかぶれ、かゆみにお悩みの人に :前置き<洗濯編>」2015.7.13
「下着のかぶれ、かゆみにお悩みの人に:<2.素材編>」2015.8.12
上部へ戻る