ココウェル ココナッツチョコ手作りセット

kg4560201272706
1,000円(税込1,080円)
定価:1,000円(税込1,080円)
購入数

商品説明

ココウェルの材料3つで簡単に作れる、
お手軽なのに、おいしいココナッツチョコ手作りセット。




作り方はとっても簡単!
エキストラバージンココナッツオイル、お湯で溶いたココナッツシュガー、有機ココアパウダーをしっかり混ぜて
冷蔵庫で冷やすだけ。
計量も不要です。

「冷えると固まる性質」を利用した、ココナッツオイルだからこそ作れます。

■生チョコレシピ



用意するもの
・水またはぬるま湯(40℃前後)15g(大さじ1)
・バット(サイズの目安は8僉13僉
 保存容器やお弁当箱、深皿でもOK

作り方
1.ココナッツオイルが固まっている時は40℃程度のぬるま湯で湯煎して溶かします。
2.大き目のボウルにココナッツシュガーと水またはぬるま湯15gを加え、
約10分おきシュガーを溶かします。



3.2.に1.を加え、軽く混ぜます。
4.ココアパウダーを加え、軽く混ぜます。
5.ラップを敷いたバットに4.を流し入れ冷蔵庫で1時間程度冷やします。



6.一口大にカットします。仕上げのココアをかけて、出来上がり!



スタッフで試しに作ってみましたが、
とっても簡単で、あっという間に出来上がりました!
簡単でおいしいって、最高ですよね。

冬場は気温が低く、ココナッツオイルが固まりやすいので、
ココナッツオイルを入れてからは、湯煎しながら混ぜました。
気温が高い時期は、湯煎の必要はないかと思います。

成型せず、チョコフォンデュやチョコバナナにしたり、
スポンジケーキにかけたり、
ホットミルクに溶かしてチョコレートドリンクや、
溶かしたチョコをアイスクリームにかけて、ぱりぱり食感を楽しんだり♡

バターを使わず、酸化しにくい、
ケトン体を生成するなど、身体に良いエキストラバージンココナッツオイルや
血糖値の上がりにくいココナッツシュガーを使用しているので、
身体にいいスイーツが簡単にできます。



■エキストラバージンココナッツオイル
有機エキストラバージンココナッツオイルは、無農薬ココナッツの生果肉を使用した
贅沢なオイルです。
農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで自然界の力で生産された食品に認証される、
有機JAS認証を取得しています。

【中鎖脂肪酸(MCT)】
MCTとは「中鎖脂肪酸」のこと。
脂肪酸は鎖のようにつながっていています。
MCTは、脂肪酸の長さが長鎖脂肪酸(一般的な食用油)の半分で、
体内での分解が早く、消化・吸収が早くエネルギーになりやすいのが特徴です。

有機エキストラバージンココナッツオイルは、代謝が早くエネルギーになりやすい中鎖脂肪酸(MCT)を約65%含んでいるので、
中性脂肪になりにくく、トランス脂肪酸を含みません。


【ラウリン酸】
有機エキストラバージンココナッツオイルには、ラウリン酸が約51%含まれています。

ラウリン酸には抗菌作用、抗炎症作用、抗酸化作用があり、
免疫力が高まるため、健康な体づくりには欠かせない成分です。
このラウリン酸は母乳にも含まれていて、赤ちゃんの免疫力を高め、感染症から守ってくれます。


【ケトン体】
ココナッツオイルの特長成分である中鎖脂肪酸(MCT)は、
ブドウ糖に代わる第二のエネルギー源として注目されている「ケトン体」の生成にも役立ちます。

通常、ヒトが活動するためのエネルギーを作りだす方法は、
ブドウ糖からグリコーゲンへ分解される「糖質回路」と、
脂肪からケトン体が作られる「ケトン体回路」があります。

糖質の方が簡単にエネルギーに変換されるため、
普段は糖質回路が優位になっていて、ケトン体回路はあまり働いていません。

ケトン体回路を働かせるには、通常断食や糖質制限をすることで体内の糖質を枯渇させる必要がありますが、
中鎖脂肪酸(MCT)を日常的に摂取することで体内のケトン体が増え、
ケトン体回路が働きやすくなります。




■ココナッツシュガー
貴重なココナッツの花蜜を、伝統の製法でじっくり丁寧に煮詰めた天然糖。

伝統的にワインとして使われていた花蜜を集めて煮詰め、
結晶化させただけのシンプルな製法で、無添加・無精製。

マグネシウムやカリウムなどのミネラルが豊富で、
100g中ナトリウム約50mg、マグネシウム約30mg、カリウム約1,000mgを含んでいます。

ココナッツシュガーはGI値が35と、天然糖の中でも極めて低いのが特徴です。
糖質制限中でも「お料理や飲み物に少し甘みが欲しいな」という時にお使いください。

【GI(グリセミック・インデックス)】

食後にどれくらい血糖値を引き上げるかをブドウ糖を100として表した数値です。
血糖値の上昇が大きいほどGI値が高くなります。

“高GI食品”は、血糖値を急激に上昇させると同時にインシュリンが大量に分泌され、すい臓に負担がかかります。
また、インシュリンは上昇した血糖値を元に戻し、糖を血液や肝臓、筋肉へ運びますが、
そこで余った糖質は脂肪細胞で蓄えられます。

一方、“低GI食品”は糖質の消化吸収がおだやかなため、
体内の糖質と脂肪の燃焼効率が良く、特に運動時には脂肪を継続的に燃焼してくれます。
また、腹持ちが良く、空腹感を抑えてくれます。

抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれるイノシトールが100g中約230mgも含まれます。
コレステロールが気になる方にもやさしいお砂糖です。



こちらのブログで、スタッフが日常使っているココウェル商品についてご紹介しています。



2019年4月3日 ココナッツオイルのお話会
2022年5月13日 ココウェル水井社長のお話会に参加しました
2023年12月8日 ココウェル水井社長のお話会の様子



名 称 :ココナッツチョコ手作りセット

セット内容:
有機エキストラバージンココナッツオイル 50g
有機ココナッツシュガー 35g
有機ココアパウダー 25g

栄養成分(1袋当たり):
エネルギー670kcal、たんぱく質6.6g、脂質52.8g、炭水化物47.9g、食塩相当量0.1g
※計算値


開封後はお早めにご使用ください。

原産国:フィリピン(ココナッツオイル、ココナッツシュガー)/オランダ(ココアパウダー)

保存方法:直射日光を避け常温で保存







※ゆうパケット不可


マアルのオンラインショップは16,500円(税込)以上のお買い物で送料無料!

カテゴリー